創作物語

アドアストラ物語《第七話》

前回のお話


岳都ガタラに到着したみりや達。

怪しいフードの人物を目撃した”ろけ”に
会う事は出来たが、
モンスターによる猛毒で昏睡状態で
話は聞けず。

ろけと行動を共にする”吟”の頼みで
蜜キノ薬の素材を探す依頼を受け
プクランド大陸へと向かうのであった――

※前回のお話を読んでない方はこちら↑


人気ブログランキング

第七話《大改造計画》

俺の名前は”コウキ”

昔から色んな景色を見るのが好きで
暇さえあれば写真を撮ってる
まぁ、カメラ小僧?ってやつ。


師匠の撮る写真に魅了されて
俺ももっと上手く撮れるように
修行中の身なんだけど…

「ふあぁぁ…
 それにしても今日は暇だなぁ。」

この通り、師匠は突然旅に出るとかで
俺が留守の間の店番をするようになったんだけどさ。


誰もお客が来ない時は
ついついこうして畳でゴロゴロしちまうんだな~

「昼寝でもするかぁ…zzz」

ちょっとあんた!
 何サボってんだい!!

「あぁ…?
 みりリポさんじゃないッスか。」

「みりリポさんじゃないッスか、
 じゃないよあんた!
 全くゴロゴロばっかして、仕事しろい!」

「だって今日
 全然依頼も来てないんスよぉ…」

「まぁ、みりやいないしねぇ。
 それにあんたの腕前じゃあのう…」

そんなぁ…泣

あっはっはっ
 冗談だい!

冗談キツイっす。。

「で、どしたんすか
 わざわざ。」

あーそうだった!
 ちょっとあんたに頼みがあったのよ。」

「俺に頼み?」

「まぁちょっと外まで来てよ。」

みりやの写真館・家前

「うん、いつのも通り
 師匠の家っすね。」

「よく見てちょうだい。」

「どこを?」

もー!
 全くあんたも鈍感ね!

「えぇ…」

「いやほらね。
 この家も随分と古くなってるじゃん。

「あー確かに?」

「ちょっと前に、みりやが
 最近雨漏りがする~なんて言ってた訳よ。」

「確かにこないだそれで
 いっぱいバケツを置いたッス。

「そこで私は考えたのさ~♪」

「なんかすんごい嬉しそうッスね。
 何を考え付いたんスか?」

「ふっ…
 よく聞いてくれたお弟子よ。

「あ、はい。」

私が思いついた事それは…

「その名も、
 不在の間にびっくりドッキリ
 お家大改造計画さ!!!!

なんだってぇえええ!

「うん。良い反応ね。
 あんた俳優になれるよ。

「あ…ありがとう(?)」

「でもね~
 この計画を考え付いたのは良いんだけど
 どうにも良い大工さんを知らなくてさぁ。

「あー確かに、家を改造するとなると
 やっぱり大工を探さないとッスねぇ。」

「あんた、
 なんかツテとかないのかい?

「俺に言われてもぉ…」

なーにやってんのぉ!

「げっ…ひな…」

「あらあら、ひなちゃんじゃない。
 今日も相変わらず元気ね~」

ふっふ~ん♪
 村一番の元気でピチピチの
 ギャルと言ったら私でしょう♪」

自分でピチピチって言うの
 どうなんだよ。

「全くコウキは分かってないな~」

「で、その元気でピチピチな
 ひなは一体何しにきたんだ?

「ん?いやぁ…なんか
 大工がどうこうとかって話してたじゃん?」

「あーうん。」

「実はうちのパパ…
 大工なんだよね~ん♪

「そうだっけ?!」

ひなちゃんナイスぅ!!

「つーか
 勝手に人の話盗み聞きしてたのかよ!

てへ♪

「話を聞いてたなら、
 話は早いわね!ひなちゃん!

いえっさー♪

数日後 ――


おお…!
 すんごい立派な家になってる!」

「でしょ~♪
 うちのパパ結構人気なんだよん♪

こりゃたまげたわぁ!

「でも…この料金…
 誰が払うんすか?

「それはもちろん…」

君でしょ♪

何で
 そうなるのぉぉお

そんなこんなで、
みりリポさんの大改造計画
俺の幼馴染のひなのお陰もあって
随分と変わった師匠の写真館。

師匠は、元気してるかなぁ…

俺の貯金は悲鳴を上げそうだけど()
早く喜んでくれる顔が見たいッス!

さーて。
 今日も頑張るか~!

みりやが旅に出てる間に
すっかり改造した写真館。
プクランド地方へ向かうみりや達は
一体いつ村に戻ってくるのでしょうか。

まだまだこれから物語は続く ――

To be continued..

出演者達の雑談

みりリポ

ようやくあたいの出番が
やってきた訳ね。
いいじゃんいいじゃん。

みりや

何気にみりリポちゃん
結構人気っぽいしね?

コウキ

俺この撮影
してないんすけど?!

とく

PT組んでて忙しそうだからと
実は俺が代役を…

みりや

ドンマイ!



アプデ後という事もありなかなか忙しそうで
お弟子に撮影を頼むのもあれだったので、
今回は急遽代役で撮影をしてもらいました…w

また次回撮影に付き合ってね;

そして、家の外観が変わったので
今回はみりリポと弟子の活躍の場
書いてみたかったのでサイドストーリー的な
お話だったけどどうだったかしら(*´ω`*)ムフ

次回のお話は、また別のフレンドさんに
ご協力の元書いていこうと思いますので
是非ぜひお楽しみに!


人気ブログランキング



POSTED COMMENT

  1. みもざ より:

    帰ってきたら、家の外壁につたがはえてきた。
    これは、超長い年月が立っている証、
    長編対策を示唆しているのですね!!

    • Miliyah Dawn より:

      みもざさんへ

      きっと、その蔦も
      この時代の技術(魔法)とかで
      生えちゃったのよ、きっとそう…((´д`)) ブルブル

      にしても、物語…
      完結する日っていつになるのやらw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。