創作物語

アドアストラ物語《第十話》

前回のお話


リーズルとの職人バトルで
勝利を勝ち取ることは出来なかったが
蜜キノ薬に必要な“蜂蜜”を入手したみりや。

もう一つの素材“特産キノコ”を求めて
コロシアムを後にしたのだった ――

※前回のお話を読んでない方はこちら↑


人気ブログランキング

第十話《キノコ争奪・前編》

オルフェアの町

「あー本当どうなる事かと思ったけど
 何とか蜂蜜が手に入って本当良かったぁ…」

「よく頑張ったな。
 負けたらピーピー泣くだろし、
 どうやってフォローしようかと思ったぞ。」

泣かないし!怒

「でも、思ったんだけど
 リーズルさん、始めから
 くれる気だったんじゃないかな~って」

え?

「なんとなくね、なんとなく~」

「まぁ、どちらにせよ蜂蜜が手に入ったドワ。
 次は特産キノコを採りに行くドワね。」

ポポリアきのこ山

特産キノコはダストン様の話では、
 ここら辺に生えてるってのは聞いたけど
 どこだ~」

赤くて斑点模様のキノコだっけ?」

「そんなの
 どこにもなくなぁい?」

採ったどおおお!

「ん、何かすんごい大きな叫び声
 聞こえた気がする@@」

あっちの方か?

ポポリアきのこ山奥地

「あぁ…このぷっくり具合
 そして新鮮そうなこの斑点模様
 特産キノコ好物30年のこの僕…
 至福の時過ぎる…どう料理して食べようかなぁ♪
 うう~ん♪」

「あ、あの~
 それってもしかして特産キノコです?」

「なんだい、君達は。
 これは僕が見つけたキノコだぞ!」

「やっぱり@@
 実は、猛毒に犯されてる人がいて
 助ける為に特産キノコを探し…」

そんなの知らん!

「ちょ…」

「これはこの季節で採ってこそ
 旨みが増す食材なんだ!
 そんな易々とあげるわけがなかろう!」

「で、ですよねぇ…」

「まーた、今回も入手に
 手こずりそうな予感するな。」

「まったくドワ。」

「さーてどうすっかなぁ。
 他探すか?」

「そうねぇ…」

ちょっとあんた達ぃん♡

「ん?」

こっちよこっち♪
 全くこんな綺麗なレディ
 見つけられないなんて困った子達ね♪」

「…こ、こんばんは…」

「お、お前は…
 キノコ泥棒のちゃみじゃないか
 ヒィイイイイ;」

キノコ泥棒??

「あーんた、また私のキノコを
 奪いに来たわけぇん?」

奪ったのはどっちだ!!
 今度こそはお前には絶対に渡さないぞ!
 よくもこの間は騙してくれたな!

「人聞きの悪い子だこと。ふん。
 まぁいいわ。」

良くない!キノコ返せ!

「あぁ、やれやれうるさいわね。」

「まぁまぁ、
 そんな揉めないで;」


「と・こ・ろ・で♪
 良く見たら、あんた良い男じゃない♡
 私と一緒にキノコでぱふぱふなんてどう~?♪」

うぇっ…お、俺?!

キ…キノコでぱふぱふ?!
 (一体どんな事をとくにする気なの…)」

「そうよ、あ・な・た♪
 なかなかイカした魚男ね。
 気に入ったわぁ~ん♡」

「い…いや、
 俺、年上の女はちょっと…」

「なっ…なんですって…」

ちょっと、とく!
 失礼でしょ!!
 確かにちょっと若作りしてるけど!」

「若作りってあんた…」

「あ、いや…そんなつもりじゃ…」

「お姉ちゃん。
 そういうの余計な一言って言うんだよ。」

「そんな子はちゃんと
 叱らなくちゃいけないわねぇ怒

お、おいらはここら辺で…

ササササッ

「あ、ちょっと!
 キノコ持ってかないでええ!;;

「ったく、あんた達のせいで、
 私のキノコも持ってかれたし
 どうしてくれちゃってんの?怒」

「ご、ごめんなさ…」

ユル…サナ…イ…

「ひっ…」

うごjふぁdjぁああ

「なになに、どうしちゃったの;」

様子がおかしいぞ!!
 皆気をつけろ!!」

ひゃぁ;

「様子がおかしいと思ったら
 化け物だったか、くそっ」

化け物ってあんた…
 ちょっと良い男だからって
 調子に乗ってくれるわね!!!!」

と、とんでもない展開ドワ…

「どうすんのよこれぇ…」

「この美しさが分からないなんて…
 あんた達を今日の食材にしてやるわ!!」

「おい、みりや。
 こいつただ者じゃねぇぞ。
 気、引き締めてけ。」

とくが怒らせたんでしょ!泣

さぁこれが本当のぱふぱふよ!
 かかってきなさい!

特産キノコを探しに
ポポリアきのこ山で出会った
通称キノコ泥棒のちゃみ。

逆鱗に触れ、化け物と化したちゃみが
みりや達に襲い掛かる。

果たして特産キノコは無事
手に入れる事ができるのか。

みりや達とちゃみとのバトルが
今始まる ――

To be continued..

出演者の雑談

ちゃみ

ついにこの私も
女優デビューを果たしたわ。

みりや

そ…そだね…

ソイル

それにしても
キノコでぱふぱふって
一体どんな事をされるんだ。

とく

そこに触れるな。


えー今回の物語は
悪ノリが過ぎましたw

でも、せっかく出演してもらう方には
その人の個性()ってものをね。
大事にしたい訳ですよ。
(かっこ良く言ってみた)

さてさて、とくに断られ
怒りを通り越して変身してしまった”ちゃみとの
今後のバトルはどうなるのでしょうか?!

乞うご期待…?!


人気ブログランキング



POSTED COMMENT

  1. DK より:

    もうダメだwwwwwwホントに笑いすぎて夜中に死にそうになったああwwwホントにありがとう!!これ展開大丈夫かマヂで心配www女優デビュー果たしたぞおおおあ!

    • Miliyah Dawn より:

      ちゃみ(DK)へ

      もうこれ書きながら、一人で
      ずっとニヤニヤしとったwww

      しかも撮れた写真もなかなかの破壊力だし!w

      女優デビューこんな形でよかったのか()ですが
      愛される敵キャラとして登場に
      なったのではないかなぁと思います、ハイw

      撮影に協力ほんとありがとうw

  2. むつ・きいち より:

    きのこ泥棒のちゃみさん・・・笑
    展開が楽しみ(*´艸`)

    • Miliyah Dawn より:

      むつ・きいちさんへ

      続き読んでくれたんですね!ww
      嬉しい~!!><

      みんなどうやら、きのこ泥棒に
      反応してしまうようで?w

      次の話は一応(?)ボス的存在との
      バトル回になるのでお楽しみにw

  3. みもざ より:

    とったどぉーー。濱口ま●●かな?
    ((((((((((っ・ω・)っ Bダッシュ!

    謎の進化をとげた大女優ちゃみとの死闘の結末は。
    そして、この後どうやってキノコを回収するのか。
    これは、目が離せませんね。

    • Miliyah Dawn より:

      みもざさんへ

      濱口です、ハイ!w

      バトル回の台詞回しなんかを
      ちょっと今調整中なので
      また楽しみにして頂けたらと思いますww

      キノコ獲得…さぁ、どうなる!?

  4. Annie より:

    最新話来たぁぁぁ!!w
    待ってました~!
    昨晩キノコ山にこもってた理由はこれだったんですね。
    また個性豊かなキャラが素敵で展開も笑いましたw
    次回!キノコでパフパフ!たのしみに待ってま~すw

    • Miliyah Dawn より:

      Annieさんへ

      物語の更新が随分と遅くなり、
      やっと書けましたw

      そうそうw
      ずっとキノコ山にいた理由はこれですw

      本当今回は個性溢れる登場人物のお陰で
      随分と賑やかな回となり
      楽しんでくれた方も沢山いて
      良かったです✧٩(ˊωˋ*)و✧ヤッター

      きのこでぱふぱふ()
      頑張って立ち向かうぞーw

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。