DQ10*

アドアストラ物語《第十一話》

前回のお話


特産キノコを探しに
ポポリアきのこ山を訪れたみりや達。

突如現れた、通称キノコ泥棒ちゃみ
逆鱗に触れてしまった一同達に
怒りの矛先が飛ぶのであった ――

※前回のお話を読んでない方はこちら↑


人気ブログランキング

第十一話《キノコ争奪・後編》

つ…強い…

「私の力を舐めてもらっちゃ困るわね。
 どう?本当のぱふぱふは。
 力が入らないでしょう~?
 もっとしてあげてもいいのよ~ん?♡」

「一体何なんなんだ…
 どんどん体力が奪われてくぞ…

「おまけにあっちは
 どんどん体力が回復してるし…
 一体どうして…」

「これがぱふぱふの力ドワか…」

体に力が入らない…
どうしたらいいの…

「このままじゃまずい…
 きっと何か弱点があるはずだ。
 そこをちゃんと見極めるんだ…」

弱点…

「あはは!w
 この私に弱点なんかあると思う?
 ほんと、舐められたものね。
 そう簡単に敗れる“ちゃみ”ぢゃないわ!

「ちっ…全く調子に乗りやがって…
 ソイル、お前何か考えはねぇのかよ。」

「こんな技を使うやつは初めてドワ…」

「体力さえあれば、
 じぇらすのこの斧で
 あのスライム真っ二つにしてやるのにぃ…」

さっきそういえば、とくを見て
ちょっと浮かれてたわね…
良い男がどうとか…

早くしないと体が持たない…
 お姉ちゃん…」

もしかしてこれなら…

「あらあら。この程度のぱふぱふで
 もうそんなに体力なくなっちゃうの~?
 物足りないわぁ~ん」

……よし。

「何か良い案が浮んだドワか…?」

「一か八かよ。」

「おう…
 よく分かんねぇけど、頼んだぞ。」

任せといて!!

「あらあら、何だか威勢だけは良いのね。
 美味しそうな食材になりそう♪
 さーてそろそろ最後のぱふぱふの
 仕上げに入ろうかしらぁ♡

「ねぇ…ちゃみさん…
 私気づいちゃったの…」

「ん、何が?」

「すんごいね…」

「すんごい?」

すんごい良い男
 あそこにッッ…!!!」

はぁ?!みりや何言って…!?
 お前ぱふぱふのせいで
 目までおかしくなったのかよ!!」

「お姉ちゃ…」

「え!?
 どこどこどこぉ!?♡

隙あり!☆

「あっ…!汗」

「くらぇぇ!
 ビーストファング!!

ガシガシガシ!

キャアアアアア

「…まさかこんな古典的な方法
 隙を突かれるなんて不覚…」

「いや、ほんとそれだぞ。
 ってかよくよく見たらすんごい絵面だな。」

「確かに。」

「ふんっ…
 まぁ、いいわ。
 今回は見逃してあげる。

「でも、特産キノコ…
 持ってかれちゃったしどうしよ…

そんなの知らないわよ!

「てか、いつの間に
 お前、元の姿に戻ったんだ。」

「ちゃみさんそっちの姿の方が可愛いよ~」

なによ小娘!
 同情しないでちょうだい!!

「はは…w」

「ねぇねぇ、お姉ちゃん!
 あれ見て!!」

…!
 特産キノコ!!!

「ったく、やれやれだよ…」

「今回は、あんたが良い男だし
 そのキノコはくれてやるわ。ふんっ」

「おう…ありがとよ。
 さっきは悪かったな。」

「…別に良いわ。
 (ほんと色男…)

まぁ、何はともあれ
 一件落着ドワ?

「これで、ろけさんをやっと
 助けれるかもしれないし、
 急いでガタラに戻らなきゃ!

「じゃあ、またね!
 ちゃみさん!」

「何でキノコが必要かよく知らないけど、
 頑張りなさいよ。
 じゃあ私は他のキノコでも探すわん。」

「うん、ありがとう!
 良い男探し頑張ってね~!!

おだまり!!怒

こうして、無事キノコを入手したみりや達。
昏睡状態が続く”ろけ”の元へ急ぐのであった ――

To be continued..

出演者の雑談

みりや

実は書いていた続きのお話を
せっかくだしと今日はアップしたけど、
本当は追加撮影予定だったんだよね;

ちゃみ

みりゃちん、FF14に
行っちゃうんだもの…寂しい…

ソイル

まぁ、他のキャストで
休止しちゃってる人もいるし
仕方ないなぁ。

とく

ま、いつか書ける日が来るまで
続きはお楽しみって訳だな。



ブログのカテゴリ整理をしてる時に、
書いていた物語を下書きのままあるのを見つけて
せっかく、撮影に協力してもらったし
途中まで書いてたのでUPしました(;´∀`)

キャストの関係で、
撮影が出来ない状況があったりと
続きを書けなくなってしまいましたが、
またいつか書ける時が来たら
お話の結末までの構想は出来てたので
書けたらいいな、と思います。

それでは、また次回のお話までお楽しみにねノシ


人気ブログランキング

上のバナー押すとブログ通知を受け取れます
良かったらフォローよろしく((((っ・ω・)っ ブーン

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。